FC2ブログ
TOP ≫ CATEGORY ≫ 未分類
CATEGORY ≫ 未分類
       次ページ ≫

娘の不登校と、それに干渉したい祖母の事

もうすぐ、2018年が終わります。今年は、
新しく、高校、中学、小学と入学があり、大変ながらも好調なスタートを切った春でした。中学校の給食に馴れた身にはお弁当作りが辛くもありましたが、娘も自分で作ってくれる日もあり、、とりあえず毎日が回っていっていました。

長女の異変は、入学してしばらくたった頃でした。
長女は夜、外に出て行き、ぼうっと空を眺めているような事が増えました。
学校の課題が多く、すべてこなすと日付が変わってしまうと話していました。胃が痛いとこぼすようになりました。進学希望ではなかったのですが、学校の方針としては大学受験が前提で、それにも気持ちがついていけないように見えました。

夏には、起こしても起きられない日が出てきました。夜が遅いせいもあるようでしたが、目がどんよりしている時が多いような気もしていました。あまり良い感じではなかったです。

2学期に入ってから、起立性調節障害と思われる症状も出てきました。いわゆる、不登校です。まさかと思いましたし、初めは信じたくないのが親心…色々言ってみたり、行くように親の私が道をつけなくては、みたいなことを思いました。
しかし休みが混んで来ますと、これは仕方ないのでは?とも思えてきました。今でこそさらっと思えますが、恥ずかしい、ここには居られないと思ったことも一度や二度ではありません。

食べないお弁当を作って、今日は行くかも!と、叶わぬ期待をかけるのをやめました。作れば小学生達が食べてくれるのですが…

良いお母さんってなんだろう?と思います。

親のしてきた教育やしつけは、確かにタフな子供を育てるには役立ったような気がしますが、娘のこの状態にはまったく参考になりませんでした。

近くに住む両親に、話して良いかかなり迷ったあと、意を決して話してみました。母は力になりたいと言いましたが、その力とは、娘をとにかく高校に行かせるよう圧力をかけるというものでした。ありがたいというべきか迷惑というべきか…娘には、きつかったようで、やはり、話すべきではありませんでした。予想どおり、わたしにもあれこれ指図をします。
この人はもしや、昔に戻ったような錯覚を起こしているのでは?と感じ、キレられましたが、断りました。
終わった……。

父は、畑仕事にくるたびに車庫をあけ、娘の自転車をチェックしています。試しに隠してみたところ、今日は行ったのか!と、ご機嫌でした。いとも簡単に引っ掛かってるのがまた、何とも言えません。

この一件で私の過去の、母の苦い思い出がフラッシュバックし、何とか保っていた母との関係も今は、よくありません。いつかぶち壊さなきゃとはと思っていました。母は複雑な人格で、毒親の要素が多いため、きちんと話が出来ません。孫には、色々とアピールをしますが、近くで見ていて明らかに良い影響がないと考え、母と距離を置きたいことを父に伝えました。クルマで7~8分の距離は、普通の親御さんならまだしも、うちだと近すぎかもと思います。普段は2~3日に一度来ていて、大変息苦しかったです(同居されてるかたには、何とあまっちょろい!と言われると思いますが)。鍵を渡さなかったのが幸いです。今は来る頻度が少し下がり、過ごしやすくなりました。

スープは、さめてしまうくらいの距離で良いんだろうなあ~。

行かない高校に、毎朝連絡を入れるのも、苦手です。
電話口の先生の対応に、先生の心情が手に取るように心に浮かび、虚しく、やりきれなくなります。

娘は、こんなにのんびりして良いのかというような毎日を送っています。ただ、胃が痛いのは、だいぶ減ったようです。進路を変えるかな……再出発できればなと思いながら毎日を送っています。



スポンサーサイト
Comments (-)Trackbacks (-) | 未分類

薔薇の根元に

薔薇の季節がほぼ終わりました、花の咲き続ける毎日はやや息が苦しいような、庭をいかにきれいに保つかということで精いっぱいで、いつも一度、根を詰めすぎてダウンしかけます。今年は幸い、寝込むことなく5月を過ごすことができました。涼しい日が多かったのもよかった気がします。幼稚園の送り迎えも、得意ではないのですが、昔ほどみんなに溶け込めないと思うことはなくなり、2時の降園後のママたちとのおしゃべりもそれほど苦にならず、で助かっています。みんな若い若い。3人目産む?産まない?とかそんな話題が飛び出します。でも、人格的に飾ってない人が多く、裏を読んだりしなくていい。非常にざっくばらんで気楽です。
肝心の花の写真は相変わらずカードに入ったままなので時間を見てパソコンに取り込んでいこうと思います。


修理に出したニコンは今は一応ちゃんとオートフォーカスはできるのですが、時々やはりおかしい。もう一度修理に出してみるか、このまま使い続けるか。。。撮りたいものはちょこちょことあるので、考えています。今使っているのはD3200で、欲を言えばもう少し上位の機種が欲しいところです。先日カメラ屋さんで写真展の応募のため、花の写真を引き伸ばしてもらった際、このカメラ、ちょっとピントが甘いね、という話になりました。
一眼レフを使いこなせてはないのですがやっぱり綺麗なのと、シャッター音が好きだったりする・・。たぶん年をとっても写真は撮り続けると思います。

先日同じ組の人がお亡くなりになって、組の決まりとかで、一応全員葬式に参列ということで行ってきました。知らされたのがたまたま主人のいる日だったので、夜出るのが億劫でしたがお通夜に参列。
お家は知っていましたが、亡くなられたご本人は私は知らず・・。式場の写真で知るという具合。
組の人は古くからいる方は大体、両日またはどちらかに出るのですが、新しい世帯の人は出ない人もおります。
そのご一家のかたにあまり知られていない私が、一家の代表として参列して、お経をみんなで読み・・そのみんなの調和の取れた、一連の動作は、日本人だな、さすが慣れているなみんな・・と思う部分もありました。ご高齢で大往生されたおじいさんに、心の中でお疲れ様でしたと声を掛けました。
主人は、香典とか負担だけど行ったほうがいい、という意見。しかし、よくよく考えるに、しんどいな、行くべきやけどな、と思いながら出かけること自体が矛盾しているようにも思えてきました。
個人的には、真っ黒な喪服が最近苦手になってきました。昔は嫌いじゃなかったのに。

祖父と祖母が相次いで亡くなったこともあり、お葬式や法事に、しょっちゅう出ていた時期がありました。お経には慣れたのでそれはよかったです。信心のない祖父母でした。祖母は、頼りになるのは自分だけだ、宗教は信じない、と申していました。そんな祖母が、亡くなっていきなり浴びせられるお経には心底びっくりしただろうなと思います(笑)。
家族が亡くなって、葬儀会社の方に式をプロデュースしてもらい、お通夜、お葬式、二回も同じ場所に、同じ真っ黒な服を着て寄ってもらうというのはいささか寂しい気もします。一度で済むなら一度でいいし、形ばかりの喪主のあいさつではなく、家族の一人一人の言葉で、亡くなった方との想い出や、地上を離れ、もと居た広い場所に戻っていく家族へ、伝えたい言葉を贈るというのはどうだろうと思います。
私なら、好きだった音楽を流して欲しいかなあ。ピアノの生演奏なんかもいいなあ。なんて・・。それはお別れ会に近い形なのかな。

日本の、苔むした、ちょっと気持ち悪いお墓に入るのも私は若いころからとても抵抗があります。お化け界の仲間入りみたいに感じます。骨になったら、粉々に砕いて、薔薇の根元に撒いてほしいです。文字通り骨粉です(笑)。来春の花になりたいです。私は相当変わり者なのかもしれません。

次にまたこんな機会があったら、自分はその方を本当に送りたいと思っているのか、それもちょっと考えてみたいと思います。
いろんなこと、機械的にこなして、いちいち疑問に思ったりしないほうが楽なんだろうな、、
でも行ったことは無駄になってないのかな、とも思いたい、そんな気持ちです。


DSC_0177_convert_20151228123108.jpg

DSC_0394_convert_20151228125410.jpg

Comments (0) Trackbacks (-) | 未分類

薔薇の季節ですが・・・

母の日も終わり、薔薇真っ盛りな今日この頃です。
雨の日が続いたり、急に暑くなったり。そして日向で焦げる・・・
今年もシミそばかすを作ってしまわないよう(時すでに遅しの感あり)、私は美白とは程遠い生活をしていますが、帽子ぐらいはちゃんとかぶろうと思います。

毎日更新が目標なのですが ちっともできていないではないか!と思います。
アップロードするときにパソコンが固まることが多く、夜更かししていますと明日が思いやられるので、つい明日に。
しかし今日できることは今日するものでは!と私の中のスパルタな部分が吠えております。
幼稚園のお母さんたちもお庭を見て下さり、その準備中、オープンガーデンをするガーデナーさんの苦労がわかった気がしました。植物なので思い通りにいきそうでいかない部分もあります。でもいつか私もやってみたい。野望だけは大きいです(笑)。


薔薇はピークを過ぎました。少しずつ遅咲きの種類に移って行っています。そしてクレマチスが入れ替わりで蕾を開き始めています。
今日は薔薇じゃない写真です。

DSC_0044_convert_20160502200159.jpg

DSC_0043_convert_20160502200126.jpg

トキンバラ(トキンイバラ) キイチゴの仲間で、いまだにスリット鉢に植えたままです。大きくしたいのですが、地下茎でどこへでも広がっていく、と、必ず検索すると説明があります。広大な場所があったら一度やってみたいですが、抜く手間もいるので、このまま世話しようかと思います。花はこの時期だけです。でもなんだかな。可愛い。

今はヴィチセラのクレマチスが咲きだしましたが、一枚だけモンタナ系の写真がありました。やはり春だけ。でもこんなのも潔くていいのかな。本来お花って一季咲きなのでしょうね。

DSC_0045_convert_20160502200217.jpg


4月、一眼レフ故障中に撮った桜の写真です。

160405_150755.jpg

160405_150646.jpg

160405_150741.jpg

160405_150910.jpg

160405_151307.jpg

160405_150623.jpg

160405_150533.jpg

桜もバラの仲間ですね。五弁の花は近くで見ると、意外とモリモリと集合して咲いていて、はらはら、自分の中でイメージしていたのとはちょっと違って、タフな感じもします、薔薇のデンティ・べスのような花。
でも固まって咲くのを、空の光を透かして見ると、その色の組み合わせがなんとも言えないです。
この日は晴れているけれど、真っ青な空ではなくしっかり雲もあり、差してくる光と、ミルクを混ぜたような水色の空の色が良い感じでした。ちょっと人の少ない場所でしたので、早速撮りました。

本当に淡いピンクの色。桜並木がありますともう、いけないのですが、わき見運転してしまいます。
桜のモチーフのハンカチや、布地、などはもれなく買ってしまう。好きな花の一つです。
末っ子が帰ってくるまでのひと時、自分はゆっくりご飯を食べるより花をじっと見て居たいのです。
Comments (0) Trackbacks (-) | 未分類

2週間経過

怒涛の入園式から2週間経ちました。
当初、本当にちゃんと行けるのかと心配(してもしかたないけど)したのですが、
土日を挟んで次の月曜日からは、末っ子はすんなりと、園に行くという毎日を送っています。
2年間のブランクがあったので、クルマでの送り迎えは少し慌ただしいです。朝は、洗濯機3回分を何とか干し終えたいので走って干しています。
でも、幼稚園は遊ぶところも遊ぶものもたくさんあるし、少しずつお友達の顔もわかってきたのか、朝は、結構楽しみにして
私より先に待っているという状態です。
なんともありがたい限りです。給食も、いろんなものが食べられ、楽しいそうです(そりゃそうだ・・・)
帰りは2時で早いです。迎えが終わって一息つきます。

もう14年ぶりくらいになる一人の時間。
年を取ったら、若かったころと同じく、何しようかなあ。というくらい、余裕ができるのでしょうか。
まだこんな静かなひと時が珍しくて、帰ってきたというのに、今度は慌ただしく庭に向かってみたりして、なんとせかせかした性分なのだろうと思います。

パソコンをあけるのももどかしく、今日久しぶりにブログ画面に向かいました。

昨日こんな本を読みました。
漫画なんですが、、すごい・・・

160428_091951.jpg

これは昭和初期から、売春禁止法が施行されるまでの間の話です。
農村で貧しいゆえに身売りをせざるを得なかった、そして売られていった4姉妹の波乱の人生が描かれています。
もとは電子書籍で読めるということだったのですが、通常の書籍としても出版が決まったそうで、その内容のハードさはわかっていながら、買い求めました。

性描写もあるのですが、長女はぐいぐいと読んでいました。ちょっと読ませるには早い気もしましたが。
女性が、売り物として政府のもとに公認されていた時代。そしてもののように売り買いされる女郎として何とか生きていく姿・・
一番上の姉は、初見世のあと、首を吊ってしまいます。
そこにある性は、今のものとは随分違うわけで、、女郎という職業・身分への差別もすごいです。いささか衝撃でもありました。また北海道の開拓史というものも描写されています。
時代は戦争へ突き進んで行き、人が虫けらのように殺されていく。また危険な思想だと追われたり、虐待をされたり、生まれた子をそのまま口を押えて息の根を止めたり・・
考えられないような、見たくはないシーンですが、それが実際に過去の日本で、あったということを、思い知らされました。

いくらか大きくなってからでも、これは日本人は、歴史として見て知っていていいと思いました。
日本史は受験にも使わなかったので、真面目に勉強しなかった私ですが、こんなふうに掘り起こしてくださった作者の曽根さんはものすごいお仕事をされたと思います。
読み終わった後、ズシーンと圧倒されました。
そしていかに現代という世の中が恵まれているかとも思います。

電子書籍の方が安いのと、無料立ち読みという形でもかなりたくさん読めるので一度立ち寄ってみられるのもおすすめします。

親なるもの 断崖 第一部





Comments (0) Trackbacks (-) | 未分類

卒業式終わり・・・

気が付けばもう3月も下旬、明日には三学期の終了式です。3学期は早いとはよく言ったもので、1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、と小学校の時学級通信に書いてあったのを覚えています。ばたばたと役員の仕事をこなしているうちに終わってしまいそうです。
次女の卒業式が終わりました。次女は精神的にはタフ、しかし優しい子で、ぼろぼろ泣いていました。2回担任をしてもらったY先生にも、本当によくしていただき、お礼を伝えきれてないようなそんな気がするのですが
4年もうちの子どもたちと関わってもらったこともあり、私より一回りくらい若いにもかかわらず 本当にしっかりした、そして温かな人柄に、
子どもたちは毎年(男の子でも)チョコレートを作って、バレンタインには職員室にこぞって渡しに行くくらいの惚れ込みっぷりでした。末っ子がお腹にいた頃からでしたが、私も、安心して子供たちを任せていられました。式の後も教室で、子供たち、父兄達,みんなで先生手作りの動画をみて、笑いあり涙ありで盛り上がりました。本当にありがとう。

今回私はもう一人の役員さんと、その担任の先生へのアルバムを作る担当でした。
子どもたち一人ずつの写真と、メッセージを集めて、綴じました。
最後のメッセージには、夕焼けのモーブ色の写真をプリントアウトして、数日間考えたあと言葉を入れました。
子どもたちが大きくなってまた迷って何か話しにきたら、ぜひ聞いてあげてほしい。と添えました。


小さい頃や、思春期に担任していただいた先生の存在は、大きい気がします。
私は小1の時の先生に、5年ほど前、お会いしたことがあります。どの年も、私は、人間が好きになり、信じたくなるような、そんな先生にみてもらってきました。親にそれほどべったりでなかった分、先生と日記でとりとめないことを話したり、お家に遊びに行ったり、そんな記憶が鮮明にありますし、心を開いて話せていたと思います。大きくなってからも、映像でその表情が脳裏に浮かび、会いたいなと思う先生が沢山います。



毎日庭に出て少しずつ作業を進めています、ようやく春らしくなってきましたが空気は日によって違います。
1月、2月は寒すぎてろくに出なかったので、
庭は今よくよくみると、根元にレモンバーム(ハーブ)が陣取って、栄養をがっつり取られてしまったバラやクリスマスローズがあったり、
ごぼうのように 40センチくらいの根を張ってしまうルリマツリがあちこちにあったりして、そのたびにしゃがみこんで、そのうちでっかいショベルで尻もちをつきながら掘り起こす作業。
全体的に昨年の春と比べて、植物はちょっと生育がよくなったように感じます。特に何をしたということもないのですが、腐葉土や堆肥はときどき追加しています。
今年は、ヴァラリス・バイオポスト(微生物肥料)も投入しています。どんな結果になるかな?
なんにしても新芽が吹き出してくる季節は楽しみです。


あれから載せるのを忘れていたのですが、アマリリスの花です。

DSC_1077_convert_20160209203201.jpg

DSC_1080_convert_20160212125803.jpg

DSC_1089_convert_20160212125651.jpg

何枚か撮ったのですが、暗くなってあまり良い写真がなかったのでちょっと残念。
濃い赤とか、ダークな色の方がインパクトがあるのかなあ。

卒業式でも一眼レフは大活躍です、でも実は使い方をよく知らず。
両手で持ったまま、起立、礼、着席、としているあいだにどこかのボタンを押してしまったらしく、途中でピントが合わせられなくなって焦りました。
購入してろくに読んでなかった取扱説明書を今開けています。


DSC_1098_convert_20160327074757.jpg
長女の大好きなヒヤシンス。ナエマの枝を隠すように(笑)デッキ上に設置。次女の植えたチューリップは今蕾を持っています。
Comments (0) Trackbacks (-) | 未分類