FC2ブログ
TOP ≫ CATEGORY ≫ 音楽
CATEGORY ≫ 音楽
       次ページ ≫

toto ”Africa”

今日は9月3日・・
子どもたちの給食も始まり、すこしほっとしている感じもあります。
末っ子とのマンツーマンの時間が逆にオソロシイ・・。
ずっと心のどこかにあったのですが
今日は確か、マヤ暦の最後の日(再計算された)…だったと思います。
何が起こるのでしょう??
なんて、昔なら不安でどうしようもなくなって、ネットサーフィンしまくっていましたが、
なんだろう、今は世界情勢はいろいろあって 必ずしもいい状態とは言えないけれど
逆に人々の心は 安定してきているような、そんな感じもあって、
あんまり不安を感じないです。

8月に入ったころ、目に入るナンバーが、55や555、と、5の連続でした。
あとは3の連続や8の連続を沢山見ました。
エンジェルナンバーの本は持っていて、時折みるのですが
何かしら変化が自分に起きているんだなと それを教えられているんだと思っています。
さっきはブログのアクセスカウンターが777でした、わー7だ。

SBSH1305.jpg

園芸家のポール・スミザーさんの本を読んでいたら
カエルがとってもいい感じに映っていて、わたしも眠そうなアマガエルを撮ってみました。
うーんなんかぱっとせんな・・笑。
暑過ぎたようでアイビーゼラニウムの葉っぱが白くなっています。

この間ドライブした時また懐かしくて聴いた、totoを聴いてます。

相当古いですが、このサビが美しすぎる・・・。
小学校の給食の時間に聴いた気がします。
I bless the rains down in Africa, 
I bless the rains down in Africa,
どうか恵みの雨が、アフリカの大地に降りますように、、

他の曲も沢山お気に入りがありますが、この、Africa をクルマの中でかけると、子供たちが静まり返ります。
アフリカの大地や砂埃が脳裏に浮かんでくるような・・
歌詞の解釈はいろいろあって、興味深いです。
ライブ映像もよかったです。演奏がうまい!

よろしかったらどうぞ。



スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-) | 音楽

ピアノ熱再燃

先日アイルランドのwestlife の曲をご紹介したので、
ついつながりで、これまた懐かしいアイルランドの The Corrs を聴いたりしてたのですが(これもまた良し・・、インストゥルメンタルの、民族音楽的な曲が私はとても好きです)
ふとしたきっかけで見つけたピアノ連弾の動画が、インパクト大でした。

この動画で赤いカーディガンを着ているのが、まらしぃさんなんですが、トヨタのアクアのCMにも”千本桜”を提供されたそうです、初めて知りました。
友人kちゃんはアクアに乗っていたなあ。
右手首にピンクのお猿さんを付けて弾いているのが、まらしぃさん、
その左で、Tシャツ姿で弾いているのが、事務員Gさん。
また後方に、ギターとドラムのかたもいて、右側のギタリストさんも有名な方なんだとか(女装しています!)

指の動きが早いのはもちろんですが、音が非常にクリアに聴こえるのもありますし、何よりノリノリで、見ているとこちらまで楽しくなってしまうのでした・・。
かくしてここ4日くらい、お尻に火が付いたため、ピアノを私も再度練習しています。
子どもが小さなときは、ゆっくりピアノを集中して弾けると言う環境は用意できませんでした。
だんだんピアノから遠ざかりそうで、あまり弾かなければ指も固くなり、年を取るってことかなあ、これでいいのかな。。と思っていました。
末っ子も3歳になり、一人で遊んでくれている時間が少しありまして、実家から運んできた楽譜・教本を見ながら、電子ピアノですが、とにかく弾いてます。指が回るようになってきたので、毎日練習。
不思議なもので、中学生・高校生・・と弾いてきた曲は、なんとなく指が覚えています。
小学・中学はバッハ、ベートーベンをよく弾いてました。大きくなってからは、先生が変わったので、カッコいいめのものをということで、坂本龍一さんや、ドビュッシー(黒鍵が多く、音が綺麗)の音楽を。

是非一度ご覧下さい、きっと聴いたことがある 劇的ビフォーアフターの曲です。
”inscrutable battle" (松谷卓さん作曲)

Comments (0) Trackbacks (-) | 音楽

サクラ色 春までもう少し

私のブログのタイトルにもありますが 桜色、大好きな色です。
我が家は桜色のもっと落ち着いた感じなんですが、建った後で遠くから見ると、色見本で見ていたよりはるかに明るく、優しい色に仕上がってちょっと気恥ずかしかった記憶があります。

アンジェラ・アキさんの伸びやかな声が大好きで、よく聴いています。
また活動再開される日を楽しみにしつつ。気持ちまで広がるような感じがします。

歌詞は物悲しくて、情景が心に響いてくる歌です。アンジェラ・アキさんの歌いっぷりが気持ちよくて、でも、メロディが変わるところの”ため”の感じなど、表現力が素晴らしいと思います(ライブバージョンの動画もいいです)。そしてまた聴く・・。




もう一曲、これは4番目の子がお腹にいたとき、繰り返し聴いた曲です。
今思うと小さい子を3人抱えて、妊婦でしかも、引っ越しをした時期でした。お腹の子に謝りながら重い荷物を持ちました。
身体がいっぱいいっぱいだったのか、何か大きなものが待ち構えている感じがして(のちにそれは、生まれてきた子供のアレルギーがひどかったことかなあと思いいたるのです)こういう、元気の出る歌を聴いてました。
歌詞が好きです。



もうすぐ桜の時期が巡ってきますね。
花粉も飛びますが、冬を越えたんだなと思うとつい鼻歌がでてきます。
ここ何日か冬のように寒かったので、主人も風邪気味でした。ようやく暖かい日が来そうです。
写真はアブラハム・ダービーです。つぼみをひとつだけつけて、固く閉じたまま冬を過ごしました。
この間暖かい庭に出したら、ほっとしたように花が開きました。

SBSH0366.jpg

いつも咲く、道路わきの八重桜はまだ芽が固い感じですが、畑に手伝いに行ったら、梅がほころんでいました。
この樹は、大きな実をつける梅です。桜、梅、桃、どれもバラの仲間で、お花が乙女っぽくて可愛いなあと思います。

SBSH0368.jpg
SBSH0371.jpg
Comments (0) Trackbacks (-) | 音楽

平井堅さん鑑賞会

我が家のボーイズ達(2名)は平井堅さんが大好きです。
クルマの中で長男の幼稚園時代、送り迎えのとき聴いていたので、耳になじんでいるようです。
桑田佳祐さんの”白い恋人たち”のカバーが特にお気に入りで、合唱しています。お風呂で口笛で吹いていると”もう一回!”とリクエストが入ります。
原曲と聴き比べると、堅さんの歌は繊細な感じ。このファルセットの感じが、くせになってしまうのです。



お腹にいたころから聴いていたからかなあ。
長男は大ヒットした”瞳を閉じて”もしょっちゅう聴いて口ずさんでいます。
この歌、ジックリ聴くと泣けてきてしまいます、古い歌ですが、いいです。
お休みの日、私は庭仕事、その間 男の子二人は車に潜り込んで曲をかけていたりします。

同じく三重県で育ったと言うのが私はなんだか嬉しかったりします。これだけ、声を自由に操れたらなあと時々思います。
堅さんのカバーアルバム”Ken’s Bar”は邦楽・洋楽どちらもはいっており、なかなかおすすめです。

”The Rose”
これでもかと言うほど聴いてしまう、お気に入り曲です。こちらはネスカフェのコマーシャルで使われていたそうです。愛車(スバル車)一代目のなかで大きなおなかを抱えて幾度となく聴きました。貧血防止に食べた梅ゼリーの味と、出会った助産所の先生との会話を懐かしく思い出します。今でもかけると、ほっとします。




NEW YORK STATE OF MIND
邦題:ニューヨークの想い、ビリー・ジョエルの美しいバラード。
これもおすすめ、ピアノ伴奏も素晴らしいです。

 
Comments (0) Trackbacks (-) | 音楽

OVERJOYED

スティービー・ワンダーの曲"OVERJOYED"です。
とっても歌詞がいいです。
広い、大きな愛を感じます。




私はこの歌を聴くと、なぜかじーんとします。


141022_131808.jpg

先日入手した、グロワール・ドゥ・ディジョン・ルージュです。新苗の育ったものですがとても元気で、赤い新芽がぐんぐん伸びてきます。ルージュじゃない本家の方は、もう少し気難しいバラのように聞いていましたが、拍子抜けです、色はまだ日差しがきつかったころでもあり、ルージュと言うよりは明るいピンクが出ました。来年が楽しみです。

今はウッドフェンスづくりの資材を買い出し、運び込みなどしています。
昨日は庭のバラの根元を綺麗にしました。
大きなハナムグリの幼虫が、ゴロンゴロン出てきました。栄養がいいらしく肥えすぎだ~

枯れ枝を抜いて、少し剪定もして
お隣との境界フェンスの際を整理。

近所のおばあさんが、長靴姿でいそいそとやってきてチューベローズの球根をわけてくれました。色々花の話をします。
懐かしい運送の同僚も配達に来て、主人とベランダ越しに話していきました。

スポーツワゴンの愛車は軽トラ並みの仕事をしています(2メートルの棒状のものなら、余裕で入るか・・)
次は板を買い、塗装していきます。
主人は支柱を立てるために13個掘る穴を さくさくさくと3個だけ掘って今日はおしまい。
夜、あと10個あるで、また掘ってな~。というと、ええっ!!そうなん。のこと。
何を聞いているのか、旦那よ・・(笑)。とりあえずあと10個、バラの後ろが難関そうです。
しかし男手というのはやっぱり頼りになります。馬力が違う。


今日はまた寒い風が吹いているなか、次女、長男、次男とどんぐりを拾ってきました。
こんなに拾ってどうするのかと言うくらい採れました。・・といっても、実際に拾うのは女子でしたが。風が強いので、拾うそばからまたぽとぽと実が降ってきます。
ぴかぴかしたフレッシュなどんぐりを見つけると嬉しくて、いっぱい拾いました。
まだ完全に茶色になってなくて緑がかっています。
次女が早速何か作っていました。??なんだろう。
娘たちも、針仕事、ミシン、工作・・めいめいに何かしています。学校のない日はそれはそれで楽しいみたいです。


141103_110209.jpg
141103_115543.jpg


秋のバラが少しずつ開いてきています。
ゆっくり開くので、楽しめます。
今年は土づくりの資材をいろいろ揃えました。用土のブレンドもまた再開するつもりです。
来年はもう少しバラに向かえるかなあと思いながら、過ごしています。 


141103_093022.jpg
141103_092907.jpg

Comments (0) Trackbacks (-) | 音楽