TOPスポンサー広告 ≫ 子猫と一緒の連休TOP日記 ≫ 子猫と一緒の連休

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

子猫と一緒の連休

ここ何日か、体調があれれ?という感じで
いつもの馬力が出ない、プラス、あちこち痛い・・
なんじゃこれというような日を過ごしました。
どうやら風邪をひいていたみたいでした。

泣けたのは、10年振りの口内炎。
しかも5つ一気に出た(涙)
貧血歴10年あまり、生理も重なり、いろいろ、足りてないんやろな・・。
半年前の血液検査では、
”フェリチン(貯蔵鉄)が測定不可能なあたりまで落ちてます”
といわれたものの、病院の鉄剤が飲めず・・で、結局、サプリやらなんやら、それも時々忘れ。
あわててまいにち補給中。
コーヒーを飲んでしまうので、ヘム鉄にしないととようやく最近気づいた・・。

自分の体をもっと大事にしなさい!と言われているかのようなこの血液の薄さ。
10代にダイエットを何度かしたあと、私の頭の中では、
栄養を取ることより、日々の栄養を差し引きマイナスにすることが良いことというおかしな決まりがあり、
妊娠中も、授乳中も、
もともと燃費がよいので、人の半分の量で足りる(大人の一人前は今でもたべられない)とはいえ、低栄養な食生活をしてきました。若い頃は食べなくても動けたし、子どもも5人とも2週間早く出てきて、小さい子で3000グラム、大きな子は3400~3500グラムあったのでそれは足りていたのでしょう。
でもさすがに、30代を過ぎると、それはそれ、太らない方がもちろんいいけど
ビタミン、ミネラルなどや、栄養は少しずつでもとったほうがいいかな、なんといっても肌に、内臓にそれは響いてくるだろうなと思うのです。
今日の食事は10年後の自分を考えてとらなくては、と。

このところ思うのは、栄養が足りてないと、精神的にもきちゃったりする?ということ、
そんなばっかりでもないんだろうけど、
昔ものすごく精神不安定だったのは、食事を大事にしてなかったせいかなあ?と思います。


急に空気が乾燥してきたうえに、布団干そうか、という天気の良い日は上空には沢山の飛行機雲が連なっていて
子どもたちが咳を始めたので、それも気になります。
鼻水が止まらない&咳、まあポピュラーな風邪にしても
近所で一斉に流行りはじめたので、わわわ。
いろいろ散布するのもそろそろ終わりにしてほしいものです。
末っ子が機嫌が悪いと思ったら、夜中に発熱、しかし朝には下がっていました。
ものすごい早い治り方!


三女が拾ってきた 迷い猫。子猫です。2か月になるかならないかだそうです。
早朝に町内を歩いていて、その鳴き声で目が覚めました。
私も小学生の頃2匹の子猫を拾い 親は二つ返事で飼わせてくれてました。
いっぱい写真を撮り その猫は子供を産み、沢山の思い出があります。
いまは小鳥がいるので、ずっと飼うことは難しいと感じ 飼い主になってくれる方を探しています。
子供らにはそう話しましたが、特に女の子たちは、抱っこして、かわりばんこにくっついて世話をしています。
なんもなければなあ。でも私も実は猫の毛にアレルギーがあります。

SBSH1393.jpg

明日からは子供たちは学校、私とチビさんとでちゃんと見れるかな・・。


スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-) | 日記

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。