FC2ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 冬の花と、アマリリスTOP未分類 ≫ 冬の花と、アマリリス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

冬の花と、アマリリス

少し朝が明けるのが 早くなったような気がする今日この頃・・。

まだ寒いですね。

DSC_1035_convert_20160204141811.jpg

DSC_1056_convert_20160204141520.jpg

この間小学校に印刷のために行った後、
おりこうさん(?)に待ってくれた末っ子にお願いされて
夕方、校庭に出ました。
とても寒い日だったので、職員室の先生には止められたのですが
やっぱり彼は遊具の方へ走って行きました。

あまりに寒いので携帯で写真を撮って寒さをごまかしてました。

SBSH1904.jpg

SBSH1896.jpg

プラタナスの木だと思います。
葉をすべて落としたその樹は円錐形のシルエットがとても印象的でした。

SBSH1899.jpg

SBSH1901.jpg

暖かい日もあったためか、タンポポがちらほら。
まあるい綿毛も同じくらいの数がありました。

こちらは庭の花です。
DSC_1040_convert_20160204141719.jpg
ジャノメエリカが1月から咲いています。
DSC_1032_convert_20160204141738.jpg
イングリッシュデージー。雰囲気がとても好きです。

もうあと二月で末っ子も幼稚園です。
いまはただ、のんびりと、ゆっくりとすぎていく時間を楽しんでいます。
春になれば、またあくせくと、忙しいクルマでの送り迎えが始まるでしょうから・・。

主人と学生4人を送り出して二人っきりになると、いろんなことを思います。

子供を育てる毎日の中で、
自分のやってきた事ってそんなに詳しくは残ってないんだけど(大人の脳だからかも・・)
子どもの時に聞いたセリフや、自分の親とのやり取りは、
30年近い前のことでも記憶がよみがえってくる。
育った家は、空気がピリピリしていました。

祖父母も同居していたせいかもしれませんが、今でも用事があって赴いても
2時間もいると限界が来てしまう。なんだか違う雰囲気なのです。

両親の、私達への言動には結構心に刺さることが多くて、思い出してしまうとふと痛いです。

それは親になったいま、気安く、柔らかなこころの子供に投げるような言葉ではないとわかっているからこそ、
その発する言葉の意味はなんだったのだろうとあらためて思います。

もうでも、主人と築いた新しい家族のことを見ていけばよいのだと自分に言い聞かせています。

そこは、子供たちは基本、のびのびとしていられる空間であってほしいし
私達に、ものの言いやすい、普通に息ができる世界であってほしい。
確か2年くらい前も、全く同じようなことを書いた気がしますが、そこは変わっていません。

まだあどけない末っ子を見ながら、上の4人はあまりに次々と生まれ育って、みんなこんなふうに沢山抱き締めて、ゆっくり育ててあげられなかったことを少しだけ後悔します。

今、8羽に増えたセキセイインコが毎日、おしゃべりしていますが
実家で飼っていたインコはこんなに声を出さなかったんです。
うちの子たちはもう、賑やかに賑やかに。
庭にいてもその声が聞こえてきます。

DSC_1074_convert_20160209202957.jpg

アマリリスの蕾が今年は とても背高に伸びました。
2鉢育てています。といっても、お水をあげるだけですが、
大きい方は鉢の上から70センチあります。
確か10年くらい前も、アパートで同じアマリリスの咲きほころぶのを見ながら
冬を過ごした記憶があります。

DSC_1072_convert_20160209202930.jpg
全部おさめると・・こんなバランスです。

もうすぐバレンタインデーなんですね。
そういえば娘たちに頼まれて板チョコを買いに行ったのでした。
この時期は寒さも厳しく、毎日みんなが健康で笑っていてほしい、そればかりです。
私も若い頃は友チョコを必死で考えて作ったし、何か作らなくてはなあ。と一瞬は思うのですが。笑
お花の一輪でいい気がするなあ。

薔薇ももう少ししたら。。本腰入れなくてはという時期になってきました。
スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-) | 未分類

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。