FC2ブログ
TOP日記 ≫ チョコレート没収??

チョコレート没収??

11日の木曜日は祭日で休みだったのと、土日を挟んだこともあり、バレンタインデーを控えてキッチンは大方大きくなった4名がかわりばんこにお菓子作りでごった返していました。
クッキーの焼ける甘い香りが立ち込め過ぎて、少し苦しい・・。
ちょっと前に ドラッグストアに立ち寄る際、板チョコが安くなっていると15枚購入(汗)。11枚買うと10枚の価格でレジを通してくれるそうで。
でも1枚50グラムぐらいなんですよね。なので、4人が使うには妥当な量、私も1キロ袋とか製菓用サイズを隠し持っているので、足りなくなったらそれを使うということで・・。

学校は基本はこういうのは不要品ですから、小学生は放課後に、先生に持って行ったり、お友達の家を自転車で配達(?)に回ったりして配りに行っていました。
うちにも、女の子がかわるがわる来るんです。小さな袋を手に、○○ちゃんいますか?と。
可愛いなあなんか。女子だなあと、剪定ばさみを片手に思わずほっこり。

中学生の長女は、昨日帰りが遅く、さすがに心配になったので中学校に電話を掛けました。
すると担任の先生がやや硬い声で、今日は帰りが遅くなったんです・・と言います。
ほどなくして長女は何ごともなく帰ってきました。
あのさあ。チョコレート持ってきた子が先生に見つかって、ダッシュして逃げたん。
そしたら先生が怒り出して。
どんどん見つかってさ。あ~あ~って。

よくある話のように思いますが、どうやら長女の学校の先生は、チョコレートを持ち込むことにものすごくピリピリしているようでした。

私は中学時代、やっぱりたくさんチョコレートを作って、当たり前のようにお弁当の時間に広げていた記憶があります。
お菓子を作ってきてくれるお友達もいましたし、やはりお弁当の後に、それをほんとにうれしそうに食べる専門(笑)の友達もいて、でもそれは作り手、と、食べて感想を言ってくれる人、という関係でもあり、当たり前の風景で、とても平和でした。あまりこういうものに対して教師は目くじらを立てなかったように思います。

きっと先生たちも、今年ではなく、少し前かに、バレンタインで懲りたことがあったのではないかと邪推しました。
スマホの方が問題やん!とわたしなどは 思ってしまいますが。
先生の中に恐れと言ったら言い過ぎだけど、これはいかん!っていう痛いものや、記憶があって
片っ端から生徒の持ち込んだチョコを没収しちゃうんだろうな・・。

でもまあ 貴重な青春の一ページでもあるんで、この日くらいは、大目に見てやってほしいな~なんて思った一日でした。

160131_120210.jpg

長女は食い気が勝っていて、こういうものもしょっちゅう作っています。これは粘土で作ったスイーツです。大きく映っていますがケーキの一辺は2センチくらいでなかなか緻密です。
起きているとお腹がすいてたまらないんだそうです。若いんだなあ。


スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-) | 日記

Comment













非公開コメントにする