FC2ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 薔薇の根元にTOP未分類 ≫ 薔薇の根元に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

薔薇の根元に

薔薇の季節がほぼ終わりました、花の咲き続ける毎日はやや息が苦しいような、庭をいかにきれいに保つかということで精いっぱいで、いつも一度、根を詰めすぎてダウンしかけます。今年は幸い、寝込むことなく5月を過ごすことができました。涼しい日が多かったのもよかった気がします。幼稚園の送り迎えも、得意ではないのですが、昔ほどみんなに溶け込めないと思うことはなくなり、2時の降園後のママたちとのおしゃべりもそれほど苦にならず、で助かっています。みんな若い若い。3人目産む?産まない?とかそんな話題が飛び出します。でも、人格的に飾ってない人が多く、裏を読んだりしなくていい。非常にざっくばらんで気楽です。
肝心の花の写真は相変わらずカードに入ったままなので時間を見てパソコンに取り込んでいこうと思います。


修理に出したニコンは今は一応ちゃんとオートフォーカスはできるのですが、時々やはりおかしい。もう一度修理に出してみるか、このまま使い続けるか。。。撮りたいものはちょこちょことあるので、考えています。今使っているのはD3200で、欲を言えばもう少し上位の機種が欲しいところです。先日カメラ屋さんで写真展の応募のため、花の写真を引き伸ばしてもらった際、このカメラ、ちょっとピントが甘いね、という話になりました。
一眼レフを使いこなせてはないのですがやっぱり綺麗なのと、シャッター音が好きだったりする・・。たぶん年をとっても写真は撮り続けると思います。

先日同じ組の人がお亡くなりになって、組の決まりとかで、一応全員葬式に参列ということで行ってきました。知らされたのがたまたま主人のいる日だったので、夜出るのが億劫でしたがお通夜に参列。
お家は知っていましたが、亡くなられたご本人は私は知らず・・。式場の写真で知るという具合。
組の人は古くからいる方は大体、両日またはどちらかに出るのですが、新しい世帯の人は出ない人もおります。
そのご一家のかたにあまり知られていない私が、一家の代表として参列して、お経をみんなで読み・・そのみんなの調和の取れた、一連の動作は、日本人だな、さすが慣れているなみんな・・と思う部分もありました。ご高齢で大往生されたおじいさんに、心の中でお疲れ様でしたと声を掛けました。
主人は、香典とか負担だけど行ったほうがいい、という意見。しかし、よくよく考えるに、しんどいな、行くべきやけどな、と思いながら出かけること自体が矛盾しているようにも思えてきました。
個人的には、真っ黒な喪服が最近苦手になってきました。昔は嫌いじゃなかったのに。

祖父と祖母が相次いで亡くなったこともあり、お葬式や法事に、しょっちゅう出ていた時期がありました。お経には慣れたのでそれはよかったです。信心のない祖父母でした。祖母は、頼りになるのは自分だけだ、宗教は信じない、と申していました。そんな祖母が、亡くなっていきなり浴びせられるお経には心底びっくりしただろうなと思います(笑)。
家族が亡くなって、葬儀会社の方に式をプロデュースしてもらい、お通夜、お葬式、二回も同じ場所に、同じ真っ黒な服を着て寄ってもらうというのはいささか寂しい気もします。一度で済むなら一度でいいし、形ばかりの喪主のあいさつではなく、家族の一人一人の言葉で、亡くなった方との想い出や、地上を離れ、もと居た広い場所に戻っていく家族へ、伝えたい言葉を贈るというのはどうだろうと思います。
私なら、好きだった音楽を流して欲しいかなあ。ピアノの生演奏なんかもいいなあ。なんて・・。それはお別れ会に近い形なのかな。

日本の、苔むした、ちょっと気持ち悪いお墓に入るのも私は若いころからとても抵抗があります。お化け界の仲間入りみたいに感じます。骨になったら、粉々に砕いて、薔薇の根元に撒いてほしいです。文字通り骨粉です(笑)。来春の花になりたいです。私は相当変わり者なのかもしれません。

次にまたこんな機会があったら、自分はその方を本当に送りたいと思っているのか、それもちょっと考えてみたいと思います。
いろんなこと、機械的にこなして、いちいち疑問に思ったりしないほうが楽なんだろうな、、
でも行ったことは無駄になってないのかな、とも思いたい、そんな気持ちです。


DSC_0177_convert_20151228123108.jpg

DSC_0394_convert_20151228125410.jpg

スポンサーサイト
Comments (0) Trackbacks (-) | 未分類

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。