FC2ブログ
TOP庭の花々 ≫ 接ぎ木成功・庭のひとこま

接ぎ木成功・庭のひとこま

周りの風景がどんどん緑色に染まってきました。やっと、待ちわびた春の中にいるんだな~、毎日ちょっと幸せな気分で過ごしています。
色々ありますが庭に出ると 忘れます。

和室で待機中の彼ら…
2月に大急ぎで切り接ぎをしました。バラです。
ノイバラの台木を入手できたので、切り出しナイフを使って割れ目を入れ、そこに、接ぎたい品種の、芽のついた穂木を少し角度をつけて削り、挟むように挿して接ぎ木テープで巻きます。文章で書くとこれだけなんですが、本で図解や写真を見ると、手を切らないように、とか、軍手をがっちりはめている場面が…。小さな怪我は、自慢ではありませんが得意科目です。しばらく手が出なかったのですが、今年はノイバラの台木が入手できた事もあり、切り出しナイフを片手に挑戦しました。

業者さんというのはこれでご飯を食べているわけで、そのテクニック、尊敬です!


140311_160930.jpg
↑包帯のような巻き方ですが接いで間もない写真です。


SBSH0092.JPG
少し芽が展開してきました。
どうやらついたみたい!


SBSH0085.JPG
これはさっきと違う品種ですが、手のように葉が展開してきました~ ひたすら嬉しいです。


SBSH0094.JPG
よく見ると二つ目の芽が出てきています。

接ぎ木は種苗法の関係もあり、自分で増やして楽しむにとどめる、となっています。
うちでは、生育がイマイチのもののバックアップを取る目的で品種を選びました。なので、穂木の状態が完全ではないのもありましたが、7本中5本が成功しました。
まだ台木が少しあります。こちらは芽接ぎに挑戦してみようと思います。



遅咲きのスイセンです。透き通った白が素敵です。


白いお花コーナーも咲きました。

八重咲きのチューリップ、マリオラです。昨年より若干花が小さいです。でも可愛い。


夕方の写真で少し花弁が閉じています。アネモネです。


バラの葉っぱの緑がワサワサしてきました。私はワクワクしますが主人は、今年もまたジャングルっぽくなってきたなあと言います…


このバラは、調子がいいようで、秋に地面に下ろしましたが太いシュートが出てきていました。赤みを帯びた葉が、展開していてとてもエネルギーを感じます。シビル・ドゥ・ルクセンブルグです。

SBSH0081.JPG
ピンク色のローズマリー、匍匐タイプです。今年は綺麗に咲いてくれました。お隣との境のフェンス近くにあり、どんどん横に倒れて伸びています。邪道とは思いつつ、ビニタイで誘引してみたら綺麗な緑のカーテンになりました。


今年初めて植えました。八重咲き水仙のエイリッチャー(エルリッチャー)です。優しいクリーム色でとても雰囲気がいいです。

毎日少しずつ咲き進んでゆくので、色々な風景に出会えます。また紹介します。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL