FC2ブログ
TOP子育て ≫ 少し寂しいけど

少し寂しいけど

いい気候になってきましたね。
毎日、写真を撮ったり、花の様子をみたり、水やりをしたり…
一年生になった長男も少し、いやだいぶ慣れてきたみたいで、下校するとまもなく お友達がチャイムを鳴らしに来ます。

昨日から、末っ子の断乳を試みています。
二歳二ヶ月を過ぎました。もうだいぶ飲んだはず……(笑)

産まれてまもなくから、母乳はやめたいというのがずっと気持ちの中にありました。
母乳をあげる時間に拘束されてしまう気がしました。長男はひどい食物アレルギーがあって、食べ物も神経を使いました。寝たまま飲ませるのも、首筋や肩を傷めたり、結局は何度もあげなくてはいけない、とネガティブ要因ばかり目についていました。

どの子も、全くミルクは受け付けないか、生後3ヶ月くらいまでは一日一回くらいは飲んでくれるのに、いつしか、哺乳瓶にイヤイヤをして、母乳オンリーになってしまうコースでした。しかし、寝ていても自分も寝ぼけたまま飲ませられるし、荷物は少なくてすみます。寝かし付けも大変楽なのです。

次男も、一歳3ヶ月ほどでいちどやめようとしましたが、かなり一日の哺乳量が多いようで、飲ますのをやめると、途端に胸がカチカチに張ってしまって、痛すぎて眠れず、根負けしてあげてしまいました。

片言が話せるようになり、私の膝に乗って、服のボタンやチャックに手をかけ、オッパイ オッパイとせがみます。
にこにこしながら、鼻歌を歌いながら飲まれると、それはもう本当に可愛い。親ばかです。
もうでも よく眠れない夜が2年あまり、貧血もだんだん治りづらくなって来ました。身体はしっかり大きい次男、母乳は心の安らぎの部分も大きいのでしょう。もうそろそろやめてもいいかなあ。

おっぱいもうでないよ~と嘘をつきます。
何度も笑ってせがみにきます。彼も必死です。
こちらも懸命にまきます。
根比べです。

眠たいときもいつも飲んでいましたので、どんなにせがんでも貰えないと最後彼は泣いてしまいます。
可哀想だ…
でも、いまやらなきゃまた延びるので、心を鬼にして、のらりくらり逃げています。笑わせてみたり、違うもので気をそらしたり…必死です。

張ってしまったお乳を、子供のいないときにそっと絞って捨てます。
勢いよく細い飛沫になって母乳が出てきて、痛みがスッとひいていきます。

こんなにおしげもなく、食べたものから即、母乳を作って与えていた私の身体。
もうそんなに出てないと思い込んでいました。授乳を止めて改めて気付きました。
お陰で子供はみんな、すくすく育ちました。
なんだかまたお乳を含ませてしまいたい衝動に駆られます。

せつないです。
もう少しの辛抱です。
ありがとう、いっぱい飲んでくれて…
今更思いました。
それと、こんなにいっぱい作ってくれて、ありがとう。
私の身体にももう一度ありがとうです。

五人とも沢山飲んだね。
ちょっとセンチメンタルな気分です。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL