FC2ブログ
TOP庭仕事 ≫ ジュードが咲きました

ジュードが咲きました

昨年いい結果が出なかったジュード・ジ・オブスキュアの蕾が、階下秒読みになってきて、わくわくしながら毎日を過ごしてきました。
もう一本の 輸入苗のジュードも、一年に3個くらい花をつけるかどうかという、まだまだ脂ののっていない感じです。(国産苗として購入、台木はおそらく海外のもの)
私はこの薔薇と相性が??などと思ったことも。花の時期だけでもと、さっそく陽の目を見る(笑)玄関先に設置しました。





写真で見てイメージしていたのよりも、濃い卵色で咲き始めました。
山吹色と肌色の中間のような感じです。
花びらを抱えて カップのようにまーるく咲く姿が、完全にツボです。カップ咲きの薔薇をどれだけ集めたことか・・しかしこの色だとあまりないのかなあ、と思います。






香りはやはりとっても良いです。初めて我が家に来た友人が、あっいい匂いがする!と一言。
玄関の右横にあるナエマに匹敵するくらい、しっかりした香りがあると思いました。

どんどん散りながら、元気にジュードは30個余りの蕾を、開いてくれました。感無量です。
こんなに増えてしまった鉢を何とか減らさねば、とか、いろいろ悩んでみたりするのですが、
やっぱり、毎日世話をしてきて良かったなと思う一瞬でした。

我が家に来て4年余り、パッとしなかったセント・セシリアも、雨に打たれて咲いていました。
名前の由来だとか、色合い、香りといったものに気を向けると、どの薔薇も魅力的で・・。



バレンシア 美味しそうな名前に負けました。
ひょろんとした大苗でしたが、なんとか咲いてくれました。


我が家の名脇役、世話が掛からないのもありますが、なにしろ青いものに惹かれます、私に青や紫、絞り模様の花を見せてはいけません。
愛車も水色です。
ラクスパ― 千鳥草 ともいいます、デルフィニウムより丈夫な感じ、葉っぱが人参やチャービルのようで細い切れ込みがあって、繊細です。支柱は見逃してください。




じゅず玉も畑で植えてもらうため、育てています。小さいころはあちこちにあって、祖母と獲りに行っては、裁縫道具を開けて畳の間でネックレスを作ったものですが、今はあまり生えていないのです。手芸用のものを取り寄せて撒きました。トウモロコシの苗に似てます。




こんなとがった花びらのチューリップみたいな花も可愛い、これもクレマチスです。プリンセス・ダイアナという品種です。暑さに強いらしいです。



フルディーンの2番花です。一番花はもうちょっと大きめでした、気難しい子かなあともっていましたが、なんのなんの、この咲きっぷりは素晴らしい、ちょっと調子の出ないメアリーローズを伝って、どんどん伸びてしまいました。




子供のことが全く出てきませんが、片言で2歳の次男が言います、”あっ、あな、きれいなあ。なあ。” 嬉しい言葉です。
彼はhの発音がまだできません、なので、お花は、あな と言います。
らりるれろもまだあやしく、ボール、は、ボーユ、ころころ、は、こよこよ、です。
ふたりで並んで庭にしゃがんで、私は植物の世話、彼はダンゴムシを集めるのが朝の日課です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL